裁判

今月(12月)8日、オンタリオ州裁判所に呼び出され裁判を受けました。
このように言うと大層に聞こえるが交通違反の裁判であす

そもそもの起こりは、5月21日にレーザー光線でスピード違反の取り締まりをしていたポリスカーに捕まった事であす。閑静な高級住宅地を走り抜ける路を20km程オーバーしたようだたのです。住宅の出入り口は別の路に面して誰もいないく、ついついスピードオーバーをしてしまいました。  
運の悪いことに、白内障手術の後、メガネが不要となったのに免許証更新をせずにそのまま運転、メガネをかけていない事が違反となりました。そしてもう一つ運の悪いことは交通保険証
不携行でした。持っていたのですが期限切れで、新しいのが郵送されてきていて交換するのを忘れていました。

全て私の不注意なので直ぐに視力検査を受けて、免許を更新、有効な保健所をもって裁判所に罰金合計$413を払いに行きました。ところがポイントが付くから裁判を受けろと言われ書類をわたされました。そして半年後に呼び出しを受けた訳です。

裁判が始まる前に事務員に呼ばれ、免許証更新と保険証の件は不問にしてあげると言われ、ニコニコした好々爺とも言うべき裁判官から起訴の内容について判っているかと聞かれ、ハイと答えると有罪か無罪かと聞かれ有罪と答えると、ところで何歳になるかと聞かれたので78歳と答えるとにっこと笑た。ポカンとしていると事務員がもう終わったと言うので帰ってきました。

ほかの人は罰金を負けてもらって、何時何時までに払うようにと言われているので、通知でも送らててくるのかと思っていましたが、まだ何もないところを見るとニッコト$413負けてくれて、ポイントもなかったと考えております。

これで来年の保険代金は上がることはないと思います。
定年退職者の私のような暇人は裁判を受けるのも悪くないと思っております。







 


[PR]
by nakamuratoronto | 2017-12-30 07:13