交通違反

昨年末、交通裁判の事について書いたが、もう一つ。

1年半前の夏であった。近くのドン川沿いにあるトレイルを歩くのを日課にしていた頃の話である。

日が昇ると暑くなり汗をかくので、1時間ほど早めに歩くことにした。トレイルの入り口に50台ほどの駐車場があり、いつも停めている。

その日は、早く出たためか1台しか停まっていなかった。 車を停めて視ると、覆面パトカーだったので、休憩でもしているのかと思いそのままトレイルを歩いた。

その日には何も気がつかなかったが、翌日、助手席側のワイパーブレードに黄色い紙が挟んであった。何かの宣伝かな? と思い視ると駐車違反ではないか。

覚えがないので、よくよく紙切れを視ると前日の午前8時55分ではないか。トレイルの駐車場に停めた時だ。何で。。。? と思いながら駐車場に行ってよく見ると駐車場の隅に白い小さなサインがあり、午前9時までは駐車場に指定されていないと書いてあった。

あと5分ゆっくりとしてから来れば良かったと思いながら、覆面パトカーの警察官よ、一言注意をしてくれるのが筋じゃないかと思ったりしたのである。が彼にもノルマがあったかもしれない。

[PR]
by nakamuratoronto | 2018-01-20 11:04 | 海外生活